金融機関から資金を調達する方法

世の中で生きていくには人情が大切などということがありますが、ビジネスの社会における起業の場面においては人情などではなく資金調達が大切です。人情が通用するのが理想ですが、現実はそれほど甘くはありません。資金調達の方法には幾つかありますが、最もポピュラーな方法は金融機関から調達する方法です。金融機関にも民間の金融機関と公的な金融機関がありますが、言葉のイメージからしますと公的金融機関のほうが借りやすい感じがしますが、実際はそうでもありません。意外に厳しい条件や要件があり、それらをクリアするのは簡単ではないからです。民間金融機関も同様の側面もありますが、例えば起業する前からコツコツと積み立てを行うなど真面目な姿勢をアピールすることで調達できる可能性もあります。

これからの時代の新しい調達方法

かつて金融界は護送船団方式と言われて、横並び式が強い業界でした。その金融界が変わったのは1995年の金融ビッグバンと言われた改革が行われたときです。それ以来、変化・発展が続いていますが、近年注目を集めているのは金融機関以外の調達方法です。まずその前に企業が金融機関のほかに資金を調達方法としてはファンドという方法があります。金融機関から調達しますと金融機関に縛られることになりますのでファンドを利用する企業が増えました。それがさらに発展してクラウドファンディングという調達方法が発展してきました。クラウドファンディングとは起業を考えている人に賛同する人がインターネットを介して出資する方法ですが、起業を考えている人は検討に値する資金調達方法です。

スーパー銭湯や幹事代行サービス、ペット霊園、結婚相談業などもフランチャイズ展開しているものがあります。