引越しの片付けのスケジュール

引越しの片付けは意外と時間がかかるものです。余裕をもって行うなら、3週間前頃から始めると良いでしょう。まずは、引越しの季節とは関係のない洋服など、普段使わないものから片付けることをおすすめします。年に数回しか使わないものや、普段生活している空間から遠いものを意識して進めていくと分かりやすいです。家具や家電を処分するかどうかはこの時期に決めて置くと良いです。1~2週間前には使用頻度少ないものから順番に片付けを進めていき、処分する品と持っていく品を仕分けするようにしましょう。使うかもしれないものは梱包しても、封をせずにあけたままにしておくのがポイントです。現金や貴重品、引越し当日の着替えなどは、当日や前日にひとまとめにします。掃除用具やゴミ袋、カッターなど新居ですぐに使いたいものも、袋にまとめておくと便利です。

引越しは不要なものを処分するチャンス

引越しは不要になってしまったものを処分する良い機会です。仕分けの際には、処分する品を入れる箱と迷っている品を入れる箱の2種類を用意し、1品ごとに考える時間を少なくします。とりあえずで良いので仕分けしてから後で見た方が、冷静に判断できるでしょう。「1年間使わなかったものは捨てる」といったような自分なりのルールを決めておくと、スムーズに整理できます。まだ使えるものは中古買取業者に引き取ってもらうのも一つの方法です。どうしても決められないのなら、保管する期間を決めて新居に持っていきます。新居で暮らして改めて考えてみると、案外いらないものだと感じるかもしれません。

不用品の回収業者に依頼すると、粗大ごみとして処分するよりお金がかかります。大量の不用品があるなら、軽トラ積み放題プランがある業者を利用しましょう。定額で、軽トラに乗せられるだけ回収してくれます。