配送ドライバーが求められている

インターネット通販の利用者が増えており、最近は機械に話しかけるだけで注文できるようなシステムも構築されたので、その利便性は増すばかりです。また、少子高齢化の影響で自由に出歩ける人が減少すると見込まれるので今後もインターネット通販は盛り上がると予想されています。インターネットで注文するのは簡単ですが、実際に配達するのは全て人の手です。ドローンなど他の手段も考えられていますが、まだ構想段階で実用化には至っていません。特別な品物だけでなく、洗剤やインスタント食品なども通販で済ますケースも多いです。外に出歩かなくても商品が家に届きますし、購入する度にポイントも溜まるのでほとんどデメリットはありません。このような状況であるが故に、配送ドライバーは忙しい毎日を送っています。

長距離ドライバーも人手不足

インターネット通販の配達は近距離が中心ですが、長距離のドライバーも求められています。物を移動させる手段は海路や空路などありますが、一番低コストなのがトラックによる配達です。ただ、若い世代を中心に大型免許の取得どころかAT限定が主流になりつつあるので、人材不足は加速する可能性が高いです。大型トラックを運転するとなると、車の大きさに準じた免許が必要ですし車幅に慣れるのも時間がかかります。簡単な道のりではありませんが、派遣から正社員への登用も見込めます。

タクシードライバーも要注目

足腰が不自由な高齢者や外国人観光客の増加によってタクシー業界も忙しくなっています。車もATの普通車がほとんどなので働く側も敷居が低いです。丁寧な接客や簡単な英会話ができれば、即戦力として働けます。

運転手の派遣の仕事は依頼主から要望を聞いて、内容を把握して目的地まで時間通りにトラブルがないように送る流れです。