電気代を抑えるために

現代は少子化社会とか、ハイテク機器社会とか、AI社会とか色々な言われ方をすると思いますが、現在は電気製品が広く使われていてそれが生活に欠かすことのできないものとなっているため、電化製品のデジタル社会とも言うことができます。電気製品をふんだんに使えばもちろん電気代がかかります。電気代は上がる一方ですから、庶民にとっては何とか電気代を抑えたいという気持ちでいっぱいのはずです。電気代を抑えるためには色々な方法があると思いますが、太陽光発電を利用するというのも一つの方法です。

電力会社からの供給をなくす

生活には炊飯器や電子ポットや冷蔵庫など、様々な電気製品を必要とするため電気代がかかります。太陽光発電は自家発電なので、電力会社からの電力供給をなくすことも可能です。太陽光発電を導入することによって電気代が大幅にかからなくなることは間違いありません。日照量が少ない日や設置時の工事代などいくつかの問題もありますが、結果的に見た場合、電気代がかからなくなるのであれば、どこの家庭にとってもメリットになるでしょう。

電気代を計算してみよう

例えば月1万円の電気代だった場合、一年間では12万円の支払いになります。これを10年間で計算すると電気代は120万円となるわけです。太陽光発電の設置費用としては、150万円前後と言われているので太陽光発電を導入した場合、およそ10年で元が取れる計算になります。太陽光発電を設置しようと考える人は、十年先の見積もりを出しているはずです。日によっては電力が余る場合もあるので、余分な電力は電力会社に売ることができるのもメリットです。

平均的な太陽光発電の価格は、太陽光で発電した電力の30%を自家消費と仮定して10年間発電させる場合は、設置費用約156万円、売電収入約148万円、電気代の節約費用約49万円で、収益約41万円です。