コンテンツを充実させよう!

ホームページのSEO対策を考えるなら、まずはコンテンツの数を増やすことから始めましょう。多くのコンテンツを保持していれば、その分ユーザーを呼び込むための入り口が増えるからです。しかしコンテンツはただ増やせばいいというわけではなく、内容をしっかりと充実させなければいけません。ターゲットとするユーザーがどのような内容を求めているのかを把握し、それらをキーワードとして文章の中に盛り込むことで、クオリティの質は向上するのです。キーワードを盛り込む時は、入れすぎないよう注意してください。あまりにもたくさんのキーワードを入れてしまうと、読みにくい文章になってしまうばかりか、内容が薄くなり質が低下します。また、別のホームページの内容をコピーしたり、似たような内容のコンテンツを続けて作成するのも控えましょう。

内部リンクやサイトマップの重要性

ホームページ内に内部リンクを張り巡らせることで、多くのページがリンクした構造を作ることができます。具体的にはトップページに重要なページへのリンクを貼ったり、ターゲットが求めるコンテンツに近いページのリンクを掲載することなどです。また、サイトマップを作成することもSEO対策として効果的です。サイト構成が一目で把握できるサイトマップを作ることで、ユーザービリティが向上したり、クローラーのスムーズな巡回を促します。おすすめはホームページのフッターにサイトマップを表示させることです。ただし過度にリンクを張りすぎるのとページが重くなったり、ホームページがペナルティを受けるリスクもあるので、適度な量にとどめておきましょう。

ウェブ集客のためには、ホームページ作成とSEO(検索エンジン最適化)を同時に行うことが必要です。ユーザーがどんなキーワードでウェブ検索をするかを知ることが、SEO対策の第一歩となります。