意外と重要!紙袋のデザイン

紙袋は、単なる持ち運び用の道具ではありません。商品や書類を入れて持ち帰られるまでの間、広告の役目も果たしてくれる販促品なのです。印象に残る紙袋を作って、お店や会社のことを知ってもらいましょう。では一体、どんな紙袋デザインがいいでしょうか?大きなロゴやキャッチコピーを入れて、目立たせるのも一つのアイデアです。アパレル関係や、イベントで配布する紙袋なら、大胆なデザインが有効です。でも用途によっては、控えめなデザインの方が好感度が高くなる場合もあります。

お手軽!ワンポイント印刷の紙袋

はじめて紙袋をつくる、あるいは少量注文したい場合や予算が限られる場合、既製の紙袋にワンポイントで印刷を行うプランがおすすめです。印刷のみなので、短い納期で、お値段も安く抑えられます。イベントなど、特定の日に間に合わせる必要がある場合にも、便利ですね。ワンポイントといっても、印刷方法を工夫することで、高級感を出すこともできます。例えば、箔押しと言う印刷方法があります。金色や銀色の箔フィルムを転写する特殊な印刷方法ですが、メタリック感があり、ロゴだけでも豪華な印象になります。

こだわりの完全オリジナル紙袋

時間と予算に余裕があれば、完全オリジナルの紙袋を作ることができます。デザインを一から作るので、サイズ、デザイン、特殊加工、持ち手など、すべてにおいてこだわりを実現することができます。和紙やパール紙などの特殊な紙素材で、オリジナリティを高めることもできます。ただ、やはり製作日数と制作費用がある程度かかることは、考慮しておかなければなりません。ちょっとしたことですが、無地の紙袋よりも、何かデザインがあるとメッセージが伝わりますね。

紙袋の印刷を手掛ける業者では、インターネットを通した注文にも対応しているため、必要な時に素早く注文できます。