新人研修をする目的とは?

色々な社員研修の中でも、特に多くの企業で行われるのは入社した新卒に向けて行われる新人研修です。

新人研修ではどのようなことを目的にしているのでしょうか?

今回は新人研修の目的について、簡単に紹介します。

学生から社会人へ!意識の変革!

新人研修で大事にされるのは、学生から社会人になったのだと、新入社員たちに意識を変えてもらうことです。

社員の行動一つ一つが会社の信用に関わってきます。

学生気分のまま仕事をされて、会社の信用を失ってしまうわけにはいきません。

ですから新人社員に対しては、まず学生から社会人に心を切り替えてもらうことを重視しています。

これから働く会社はどんな会社?

事前に会社研究などはしているとは言っても、中に入らなければわからないことはたくさんあります。

自分の会社について知らなければ、その会社の社員として十分に働くことはできません。

ですから研修では会社が行っている事業や、その理念などについて、改めて研修を通じて学ぶことは多いようです。

スケジュール管理、目標管理などの能力を身につける

企業は様々なプロジェクトを通じて利益をあげることを目的としています。

毎月決まった売上ノルマや目標、スケジュールを守り、達成する能力を身につけることを目的とする新人研修もあります。

研修期間を通じて何か一つ商品企画を考えたり、グループで資料を作って発表したりなど、実践的な方法が取られることもあるようです。

こうしたノルマ意識、自己管理能力を身につけることは、どんな企業でも大切な能力の一つです。

長い社会人人生を乗り切るためにも、チャンスが有れば貪欲に学びましょう。

いかがでしたか?

新人研修は大変ですが、これから働いていく上で大切なことを学ぶチャンスでもあります。しっかりとした心構えをして臨みましょう。

管理職研修によって36協定など労働時間規制の法律や労務管理を学ぶ必要があります。管理者が従業員の労務管理を確実に行うことは、働き方改革を推進するうえで重要です。