新規開拓を代行してもらう

自社商品やサービスを売り込むとき、既存の顧客に提案するときもあれば新規の相手に提案するときもあります。一旦顧客になればそれなりに信頼関係ができます。継続的に購入してもらえるかもしれません。ただ既存顧客が永久に顧客であり続けてくれるわけではなく、それなりに新規の顧客も開拓しなくてはいけません。なかなか新規顧客が増えないときには、営業代行サービスを利用すると良いでしょう。新規開拓を専門的に行ってくれるサービスがあり、新規開拓用の営業社員を抱えたり教育する必要がなくなります。同じ営業の仕事でも、既存顧客相手と新規の相手ではスキルが異なります。自社の営業社員を既存顧客向けに特化すれば、営業コストが削減できるかもしれません。

マーケティング戦略の提案

営業職は、お客さんに商品を購入してもらったり使うためのアプローチをします。それぞれの営業担当者には予算が与えられ、それを達成できないと会社の売上に影響します。営業職自身の能力も必要ですが、さらに大事なのがマーケティング戦略です。商品をどうやってお客さんに売り込むかが決まっていないと、営業担当者個々の能力に予算を委ねなくてはいけなくなります。そこで営業代行サービスを利用してマーケティング戦略の提案をしてもらいましょう。それぞれの商品の特性や、会社の商圏などの条件を元にどんな営業活動をしたらいいかをプロの目で提案してもらいます。後はその戦略に基づいて行動するのみです。経験がない営業担当者でも、何をすればいいか分かれば行動できるようになります。

営業代行を依頼することによって、作業の効率化と利益率アップを実現します。営業に特化した企業が代行しますので、新規の顧客を獲得できるチャンスにも繋がります。