自営業を始める前に仕事を確保する

自営業ではいつも仕事があるわけではありません。顧客からの依頼があれば仕事になりますし、なければ仕事がなくなる可能性はあります。そのため自営業を始めるときに重要になるのは、仕事を確保するということです。コンスタントに仕事を請け負うためには、発注先が複数あった方がいいです。仕事量が増えてくれば、仲間に仕事を割り振ることができます。また、仕事は自営業を始める前からでも集めることができます。顧客と話し合って、自営業を始めたら仕事をもらえるように交渉しておくのです。以前の仕事に満足していれば、自営業をはじめてからも顧客として連絡をくれる人は少なくないでしょう。

仕事は顧客から受けるだけではない

自営業では顧客からだけ仕事をもらうわけではありません。仲間からも仕事をもらうことがあります。忙しいときには助けてもらい、暇なときには仲間の仕事を助けるというサイクルが出来上がれば、仕事がなくなるという可能性が少なくなるでしょう。仕事が常にあることが重要なのです。仕事をどこから受けられるかは重要でありません。知り合いから仕事を頼まれることもあるでしょう。人に接するときにはいつも誠実に接するようにしましょう。どこから仕事がもらえるか分からないからです。仲間、友達、家族など普段から付き合いのある人を大事にします。その方が仕事を頼まれる確率は上がるでしょう。

口コミを常に大事にする

人からの口コミで仕事が増えることは少なくありません。簡単に色々な情報を調べられるからこそ、口コミが信用されるようになりました。真面目な仕事をして、誠実な人間関係を続けていけば、口コミで仕事が舞い込むことがあります。始めから仕事を真面目にしていきましょう。

フランチャイズとは、フランチャイザーがフランチャイジーに一定の条件で営業権を渡し、その対価でロイヤリティをもらうことです。