自社倉庫で長期的な運用コストを安くする

物流サービスや在庫管理を自社で行う場合には、倉庫を作っておく必要があります。物流のサービスを長期的に運用していく場合は、自社倉庫を持っている方がコストを安くできるため、お得です。初期費用は高額ですが、融資を受けられるような企業であれば、この問題は解決するでしょう。自社倉庫を持っていれば、不動産担保として使用することもできます。自社倉庫を担保にできることで、より融資がスムーズに受けられる可能性が高いです。自社倉庫を持っていることで、会社の価値や信用を高めることができます。将来的に多くの在庫を抱えながら、ビジネスを進めていくことを考えているのであれば、早い段階で自社倉庫を持っておくのも良い方法と言えます。

別の業務に専念したい場合には委託倉庫を利用する

物流の業務や在庫管理に時間を消費するのは困るという方は、委託倉庫を利用するのがオススメです。委託倉庫であれば、物流の業務や在庫管理を自分で行う必要がないため、経営者は別の業務に専念できます。製品の搬入や搬出、在庫管理といった業務を自社で行う場合には、人員を雇っておく方法もあります。しかし、その場合は人件費がかかる上に新人の教育に消費する時間も膨大なものになります。このようなデメリットを委託倉庫であれば、解消できます。

自社倉庫の建設場所や初期費用の問題で悩んでいる人も、委託倉庫を利用するのが良いでしょう。委託倉庫であれば、建設する必要がないため、土地の問題は解決できます。委託倉庫との契約費用はありますが、自社倉庫にかかる初期費用よりも安く済む可能性も高いです。

まず商流は、商品の売買によって商品の所有権が移ることで、商品を売ることでお金を回収します。一方物流は、商品を販売した後に消費者に渡すまでのことです。